「右見て、左見て渡ろうね。」

婦交さんのお話をよく聞いて取り組めました。